コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロバンシャル Les Provinciales

1件 の用語解説(プロバンシャルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プロバンシャル【Les Provinciales】

パスカルの書簡集。A.アルノーの依頼を受けて1656‐57年にかけて匿名で執筆公表し,57年ルイ・ド・モンタルトの筆名で1冊にまとめられた18通の論争書。最初の10通が〈田舎の友(プロバンシャル)〉にあてられた形式を取っているのでこの名がある。執筆の出発点にあるのは,ジャンセニスム論争ならびにイエズス会を先頭とするポール・ロアイヤル攻撃である。パスカルはポール・ロアイヤル擁護の立場に立って恩寵問題を論じ(第1~4書簡,第17,18書簡),さらに決疑法の乱用から生じたイエズス会の道徳観の乱れを攻撃して(第5~16書簡),世論に大きな反響を呼び起こした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のプロバンシャルの言及

【パスカル】より

…以後彼はポール・ロアイヤル運動の同調者となり,ジャンセニスムの牙城として教権と俗権の双方から圧迫されていたポール・ロアイヤル修道院とその関係者を支援する。とくに56‐57年には,《プロバンシャル》の名で知られる18通の論争書簡を執筆し,アウグスティヌス伝来の厳格な恩寵観を擁護すると同時に,ポール・ロアイヤルの最大の敵イエズス会のたるんだ道徳観を攻撃して,世論に一大センセーションをまきおこした。その最中,ポール・ロアイヤルの寄宿生であった彼の姪に奇跡が生じ,このできごとに神意を読みとった彼は奇跡の意味に関する考察を行うが,それはやがて自由思想家に対してキリスト教の真理を明らかにする《キリスト教護教論》の構想に転化した。…

※「プロバンシャル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone