プロピライア(英語表記)Propylaia/Προπύλαια

デジタル大辞泉の解説

プロピライア(Propylaia/Προπύλαια)

ギリシャの首都アテネ、アクロポリスの入口にある建物。「前門」を意味し、パルテノン神殿がある聖域への入口に位置する。紀元前5世紀に建築家ムネシクレスの設計で建造された。ドリス式の柱をもつ中央楼と、イオニア式の柱の北翼・南翼で構成でされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロピライア
ぷろぴらいあ
propylaiaギリシア語

プロピライオンpropylaionの複数形。古代ギリシアの聖地の入口に建てられた門建築物。紀元前400年以降はアゴラなどの世俗施設の入口にも建てられた。アテネ、オリンピア、エピダウロス、エレフシスなどのモニュメンタルな門は一般に複数であり、そのもっとも著名なものがアテネのアクロポリスのものである。建築家ムネシクレスが前437~前432年に建造した巨大なもので、南北に柱廊翼をもち、北翼の前にさらにピナコテーク(絵画館)を備える。天井は格間(ごうま)、現在も部分的に当時の彩色の跡をとどめる。ドーリス式の重厚さとイオニア式の優美さの併用が美しい調和を示し、パルテノン神殿とともに古代建築の秀逸とされる。[前田正明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android