コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘゲシアス Hēgēsias

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘゲシアス
へげしあす
Hegesias

生没年不詳。紀元前4~前3世紀のギリシアのキレネ派の哲学者。快楽を最高善としたが、「自殺勧誘者」(ペイシタナトス)のあだ名で知られる。幸福の獲得は不可能事ゆえ、無苦痛で満足すべしと説いた。本性的に快や苦をもたらすものは存在せず、同一のものが快とも苦ともなるから、貧富や貴賤(きせん)、隷属と自由、名声と悪評の差別はなく、生と死さえどちらでもよい。感謝、好意、親切などを信じなかったが、人をその過誤のゆえに憎んではならないとも教えた。講義が悪評をよび、追放されたこともある。[田中享英]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヘゲシアスの関連キーワードキュレネ学派キュレネ派

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android