ヘッラーコスキ(英語表記)Hellaakoski, Aaro Antti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ヘッラーコスキ」の解説

ヘッラーコスキ
Hellaakoski, Aaro Antti

[生]1893.6.22. オウル
[没]1952.11.23. ヘルシンキ
フィンランドの抒情詩人。地質学の研究で博士号を取り,のちヘルシンキ大学講師を経て文学雑誌の編集者となった。自我の強い自然詩哀歌から頌歌まで』 Elegiasta oodiin (1921) で出発し,後期の『新詩』 Uusi runo (44) では汎神論的主題を追求した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android