ヘドニズム

精選版 日本国語大辞典「ヘドニズム」の解説

ヘドニズム

〘名〙 (hedonism) 快楽主義快楽説。行動の動機・目的、道徳の基礎および目的は快楽であるとする説。快楽が唯一のであり、快楽を求めることこそが道徳の原理であるとする。
※倫理新説(1883)〈井上哲次郎〉「主楽教に亦二種あり、曰く、一己主楽教(インヂウヂュオル、ヘドニズム)、曰く、共同主楽教(ユニウェルサリスチック、ヘドニズム)」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる