コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘビギンポ ヘビギンポ Enneapterygius etheostomus

2件 の用語解説(ヘビギンポの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘビギンポ
ヘビギンポ
Enneapterygius etheostomus

スズキ目ヘビギンポ科の海水魚。全長 6cm内外。体はわずかに側扁する。眼は大きく,両眼の間隔は狭い。前鼻孔と眼の上部とに皮弁がある。背鰭は三つある。側線は 2本。雌の体色は淡黄褐色で,体側に対をなした黒褐色横帯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘビギンポ
へびぎんぽ / 蛇銀宝
snake blennysnake triplefin
[学]Enneapterygius etheostoma

硬骨魚綱スズキ目ヘビギンポ科に属する海水魚。北海道南部から九州までの日本各地に分布する。背びれは3基に分かれ、第1と第2は棘(とげ)のみからなり、第2がもっとも大きい。体形、雄の体色、および翼のように外方へ張り出す大きい胸びれから「ツバメ」の別名をもつ。前鼻孔と目の上にそれぞれ1本の皮弁がある。側線は不連続で、前半部は胸びれ上方、後半部は体の中軸を走る。体色は雌では淡黄褐色であるが、雄では黒っぽい。潮だまり(タイドプール)の岩の間にすみ、海藻、小動物を食べる。全長7センチメートルぐらいになる。産卵の盛期は夏で、海藻の間に付着卵を産み、雄はこれを保護する。
 近縁種には顔の黒いクロマスクなど22種近く知られているが、大部分は琉球諸島(りゅうきゅうしょとう)に分布する。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘビギンポの関連キーワード赤羽太疣鯛銀宝瘤鯛胡麻鯖雀鯛葉血引目仁奈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘビギンポの関連情報