コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘビギンポ Enneapterygius etheostomus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘビギンポ
Enneapterygius etheostomus

スズキ目ヘビギンポ科の海水魚。全長 6cm内外。体はわずかに側扁する。眼は大きく,両眼の間隔は狭い。前鼻孔と眼の上部とに皮弁がある。背鰭は三つある。側線は 2本。雌の体色は淡黄褐色で,体側に対をなした黒褐色横帯がある。雄では第2背鰭と第3背鰭の間の下方を除いて黒褐色。南日本岩礁性の海岸に普通に見られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘビギンポ
へびぎんぽ / 蛇銀宝
snake blennysnake triplefin
[学]Enneapterygius etheostoma

硬骨魚綱スズキ目ヘビギンポ科に属する海水魚。北海道南部から九州までの日本各地に分布する。背びれは3基に分かれ、第1と第2は棘(とげ)のみからなり、第2がもっとも大きい。体形、雄の体色、および翼のように外方へ張り出す大きい胸びれから「ツバメ」の別名をもつ。前鼻孔と目の上にそれぞれ1本の皮弁がある。側線は不連続で、前半部は胸びれ上方、後半部は体の中軸を走る。体色は雌では淡黄褐色であるが、雄では黒っぽい。潮だまり(タイドプール)の岩の間にすみ、海藻、小動物を食べる。全長7センチメートルぐらいになる。産卵の盛期は夏で、海藻の間に付着卵を産み、雄はこれを保護する。
 近縁種には顔の黒いクロマスクなど22種近く知られているが、大部分は琉球諸島(りゅうきゅうしょとう)に分布する。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android