ヘム蛋白質(読み)ヘムたんぱくしつ

大辞林 第三版の解説

ヘムたんぱくしつ【ヘム蛋白質】

構成成分としてヘム(heme)をもつタンパク質の総称。生体内で酸素の運搬(ヘモグロビン・ミオグロビン)、酸化還元(カタラーゼ・ペルオキシダーゼ)、電子伝達(チトクロム類)などの機能がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報