ヘム蛋白質(読み)ヘムたんぱくしつ

精選版 日本国語大辞典 「ヘム蛋白質」の意味・読み・例文・類語

ヘム‐たんぱくしつ【ヘム蛋白質】

〘名〙 ヘム補欠分子族とする蛋白質

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「ヘム蛋白質」の意味・読み・例文・類語

ヘム‐たんぱくしつ【ヘム×蛋白質】

鉄原子をヘム基の形で含む鉄たんぱく質総称動物血液筋肉に存在して酸素運搬を担うヘモグロビンミオグロビンほか電子伝達に関与するチトクロム過酸化水素を分解する酵素カタラーゼなどがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android