コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘモグロビンA1c へもぐろびんえーわんしーHemogloin A1c

2件 の用語解説(ヘモグロビンA1cの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ヘモグロビンA1c

糖尿病の診断・治療において血糖値に並ぶ重要な指標の一つで、採血直前の食事の影響を受けず過去およそ1~2カ月間の平均的な血糖レベルを推測することができる。ヘモグロビンAにグルコース(血糖)が結合したグリコヘモグロビン(糖化ヘモグロビン)の一種。
日本糖尿病学会による糖尿病診断基準では、従来は、早朝空腹時血糖値、75グラム糖負荷試験の2時間値、随時血糖値の3つが用いられてきた。2010年7月からこれにHbA1c値を加え、6.5パーセント以上を示した場合は、その他3つを再検査して判定するとしている。
HbA1c値は、赤血球にあるヘモグロビンのうちグルコースと結びついているものがどのぐらいの割合で存在するかを示し、百分率で表示する。
日本では1990年代に独自に策定した測定基準によるJDS(Japan Diabates Society)値が広く用いられてきたが、測定機器の精度向上などにより国際標準であるNGSP(National Glycohemoglobin Standardization Program)値との開きが顕著となって、先の診断基準改定を機に学術論文NGSP値への統一が決まった。次いで2012年4月からは、一般の臨床においてもNGSP値へ完全移行している。ちなみに、JDS値はNGSP値より約0.4パーセント低い。
ただし、40歳以上の被保険者に実施されている特定健康診査では、12(平成24)年度中は従来のJDS値を用いてJDS値5.2パーセント以上を特定保健指導の対象とし、JDS値6.1パーセント以上を医療機関への受診勧奨の対象としている。13(平成25)年度以降の対応は、2012年4月時点ではまだ決まっていない。

(石川れい子  ライター / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ヘモグロビンA1c

 グリコシルヘモグロビン,グルコヘモグロビン,糖化ヘモグロビンともいい,ヘモグロビンAのβ鎖のN末端アミノ酸基にグルコールがシッフ塩基の形で共有結合しているもの.血中ヘモグロビンの5%程度を占める.糖尿病で増加するので,その指標となる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘモグロビンA1cの関連情報