コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘリアデス ヘリアデスHeliades

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘリアデス
Heliades

ギリシア神話のニンフたち。太陽神ヘリオスとオケアノスの娘の一人クリュメネの子。数は3人とも5人ともいわれる。兄弟のファエトンがヘリオスの馬車の操縦を誤り,世界を火災に陥れた末にゼウスの雷に打たれて死ぬと,彼女たちは,ファエトンの落ちたエリダノス川の岸辺で4ヵ月間泣き続け,ついにポプラの木に変った。彼女たちの涙は琥珀になったという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のヘリアデスの言及

【ファエトン】より

…成人してはじめて会った父神に,どんな願いもかなえてやるといわれた彼は,1日だけの約束で父の馬車を借りて大空に乗り出したが,荒馬を御すすべを知らなかったため,軌道を踏み外した火炎の車があやうく地を焼き払いそうになったとき,ゼウスの雷霆によってエリダノス川へ撃ち落とされた。このとき河畔に集まった彼の姉妹たちのヘリアデスHēliades(太陽神の娘たち)は,その死を悼んで嘆き続けるうちにポプラの木と化し,彼女たちの涙は凝固して琥珀(こはく)になったという。エリダノス川は古くは北洋に注ぐ大河と想像され,のちにはポー川と同一視されたが,河口にエレクトリデス(琥珀)諸島があるというこの川は,ヨーロッパではバルト海にしか産しない琥珀が青銅器時代の地中海世界に入ったときの交易路,いわゆる〈琥珀の道〉の記憶をとどめるものと考えられている。…

※「ヘリアデス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘリアデスの関連情報