コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘリオトロープ疹 へりおとろーぷしん

1件 の用語解説(ヘリオトロープ疹の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

へりおとろーぷしん【ヘリオトロープ疹】

 ヘリオトロープとは、薄紫色の小さな花のことです。皮膚筋炎(ひふきんえん)では、この花の色と似た紫紅色(しこうしょく)の発疹(ほっしん)が、まぶた、とくに上まぶたにみられ、ヘリオトロープ疹と呼びます。
 同時にまぶたは、むくんだようになります。しかし、かゆみなどの自覚症状はありません。
 白人では、薄紫色に見えますが、日本人では褐色がかった紫色に見えます。
 この発疹は、皮膚筋炎以外の病気ではみられないので、この病気に特徴的な症状とされ、診断に役立つ発疹です。
 膠原病(こうげんびょう)の1つ、全身性エリテマトーデスでも、顔に紅斑(こうはん)ができますが、ふつう、まぶたにはみられません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ヘリオトロープ疹の関連キーワードピペロナールヘリオトロープ薄色薄紫タイトロープヘリオスコープ端色ヘリオトロピンアゼオトロープポリトロープ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone