コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘリオトロープ疹 へりおとろーぷしん

家庭医学館の解説

へりおとろーぷしん【ヘリオトロープ疹】

 ヘリオトロープとは、薄紫色の小さな花のことです。皮膚筋炎(ひふきんえん)では、この花の色と似た紫紅色(しこうしょく)の発疹(ほっしん)が、まぶた、とくに上まぶたにみられ、ヘリオトロープ疹と呼びます。
 同時にまぶたは、むくんだようになります。しかし、かゆみなどの自覚症状はありません。
 白人では、薄紫色に見えますが、日本人では褐色がかった紫色に見えます。
 この発疹は、皮膚筋炎以外の病気ではみられないので、この病気に特徴的な症状とされ、診断に役立つ発疹です。
 膠原病(こうげんびょう)の1つ、全身性エリテマトーデスでも、顔に紅斑(こうはん)ができますが、ふつう、まぶたにはみられません。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

ヘリオトロープ疹の関連キーワード子どもに多い自己免疫疾患と対策多発性筋炎/皮膚筋炎膠原病の皮膚症状

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android