ヘルペス脳炎(読み)ヘルペスのうえん(英語表記)herpes encephalitis

世界大百科事典 第2版の解説

ヘルペスのうえん【ヘルペス脳炎 herpes encephalitis】

ヘルペスウイルスにより脳に急性炎症性の病変をきたす疾患脳炎を起こすヘルペスウイルスとしては,単純ヘルペスウイルス,帯状疱疹ウイルス,サイトメガロウイルスなどがあるが,以下は単純ヘルペス脳炎について述べる。 単純ヘルペスウイルスは1型と2型があるが,この疾患は1型ウイルスにより起こる。発熱(40℃に及ぶ),頭痛,嘔吐,痙攣(けいれん)などにより急激に発症し,意識障害をきたし,興奮,譫妄(せんもう)などの精神症状を呈し,失語症,片麻痺などもみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android