ヘルマン シェルヘン(英語表記)Hermann Scherchen

20世紀西洋人名事典の解説


1891.6.21 - 1966.6.12
ドイツの指揮者
新音楽協会創設者。
ベルリン生まれ。
独学で音楽を学び、初めベルリン・フィルのビオラ奏者を務め、1914年リガ交響楽団指揮者となる。シェーンベルク親交を持ち、新音楽協会を創設、「メロス」誌の創刊、さらにシェルヘン弦楽四重奏団を結成し現代音楽を積極的に推進、紹介。’33年スイスに定住し、指揮者としてベロミュンスター放送局、北西ドイツ・フィルで活躍。’54年エリゼー劇場管弦楽団を創設。著書に「指揮法」(’29年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1891年6月21日
ドイツの作曲家,指揮者,評論家
1966年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android