ヘンテイ山脈(読み)へんていさんみゃく(英語表記)Khentiyn Nuruu

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘンテイ山脈
へんていさんみゃく
Khentiyn Nuruu

モンゴル高原北部にある山脈。モンゴルの首都ウランバートル付近から北東に延び、ロシア連邦領に及ぶ。ケンテイ山脈とも発音する。全長250キロメートル、平均標高1600~2000メートルで、最高峰はアスラルド・ハイルハン山(2799メートル)。万年雪はない。モンゴル高原のなかでは雨量が多いので、上から高山、タイガ、山岳森ステップの植物帯が広がっている。ケルレン川オノン川、トーラ川、ヨロー川などの水源をなす。チンギス・ハンの出たモンゴル部はこの付近を根拠地の一つとし、チンギス・ハンは山脈中のブルカン岳を尊崇していた。現在はハルハ・モンゴル人のほか、ブリヤート人も多く居住している。[吉田順一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android