コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘーム Heem, Jan Davidsz(oon) de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘーム
Heem, Jan Davidsz(oon) de

[生]1606. ユトレヒト
[没]1684.4.26. アントウェルペン
オランダの静物画家。ダビット1世 (→ヘーム家 ) の長男。 1635年または 1636年にアントウェルペン画家組合に登録,1667年ユトレヒトに移住。精巧なバロック静物画様式の創始者の一人。ハールレム派の画風で,花,果物,ガラスや金属製器具などを多く描いて名声を得,またそれに砂時計,頭蓋骨などを添えた静物画を描いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヘームの関連キーワードラファエル ファン・デル・ファールトパーニーパットの戦ビリー ジェームズヘームスケルク春の花パレードオランダ美術レイステルロマニストバレンツミニョンクライフブレインダビットアクバルタスマン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android