砂時計(読み)すなどけい(英語表記)sandglass; hourglass

  • 戯曲
  • 砂時計 hourglass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央のくびれたひょうたん形のガラス容器上半部に乾いた細粒を入れて立て,砂が落ちきることにより一定時間の経過を知る。1分計,3分計,5分計などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

小さなから流出落下する砂の量で時間を測る装置。中くびれの8字形のガラス容器に,粒度のそろった乾燥した砂を入れ,倒立させて使うものは14世紀ごろ登場したらしい。などで4,2,1,1/2時間のものや,速度測定用の28秒,14秒のものが19世紀初めまで使われた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

①芦原妃名子による漫画作品。主人公の少女から大人へ至るまでの心情を緻密に描いた物語。島根県の仁摩サンドミュージアムが物語の軸となっている。『Betsucomi』2003年5月号~2006年7月号に連載。小学館Betsucomiフラワーコミックス全10巻。第50回(2004年度)小学館漫画賞 少女部門受賞。2008年に映画が公開された。
②TBS系列放映による日本の昼帯ドラマ。愛の劇場。2007年3~6月放映(全60回)。①を原作とする。出演:佐藤めぐみ、竹財輝之助ほか。
日本のポピュラー音楽。歌は男性J-POPグループ、EXILE。2003年発売のシングル、「Breezin'~Together~」収録曲。作詞maR作曲:MONK。日本テレビ系のスポーツニュース番組「スポーツうるぐす」のエンディングテーマに起用。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

微細な砂が小孔を通って連続的にゆっくり流出落下する量で時間をはかる装置。古代エジプトのころから水時計とともに利用されていたと推定されるが,8字形のガラス容器に密封しに入れて倒立させて使う形のものは14世紀ころヨーロッパで発生したらしい。現代でも電話通話や卵ゆでの時間をはかるのに利用される。欧米では18世紀まで機械時計と並行して広く使われ,とくに航海で当直時間の管理,艦船の速度測定に,教会修道院で説教時間や日常行事の管理に使われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中央のくびれた8の字形の容器に微細な砂を入れ、上部から下部への砂の移動によって経過時間を計るもの。起源は明らかではないが、一説には8世紀にフランスのシャルトルの僧正リウトプランドが考案したものといわれる。砂は大きさがそろって、表面が滑らかで、湿り気の少ないことが必要である。14世紀末の記録に、黒大理石の細かい粒をぶどう酒で煮ては干すことを繰り返してつくったことが残っている。

 砂時計は、決まった事柄を一定時間に限定するために使われる。17世紀ごろまでは教会での説教などに、また船舶用のものは18世紀までも盛んに用いられていた。現在でも、電話の通話時間や料理の際に、3分計などの時間計として利用されている。

[元持邦之]

『エルンスト・ユンガ著、今村孝訳『砂時計の書』(1978・人文書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 時計の一種。小さい孔から細かい砂が少しずつ落ちるようにしかけて、その落ちた砂の量で時間をはかるもの。通常、まん中の細くくびれたガラス器を用い、一方に砂を入れ、これを上にして他方へ落下させ、全部落ちると、これを逆に置きかえて続けて使用する。砂漏(さろう)
※俳諧・ゆめみ草(1656)夏「かへすがへす待やほととぎすなどけい〈休甫〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android