コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベイヌム

2件 の用語解説(ベイヌムの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ベイヌム

オランダの指揮者。オランダ南東部のアルンヘムに生まれ,アムステルダム音楽院に学ぶ。1920年ピアノ奏者としてデビューオランダ各地の合唱団や管弦楽団で指揮者を務め,1931年モントゥーの推薦でアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の副指揮者となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベイヌム
べいぬむ
Eduard van Beinum
(1901―1959)

オランダの指揮者。生地アルンヘムの管弦楽団のビオラ奏者から指揮に転じ、1926年ハールレム交響楽団指揮者、31年メンゲルベルクのもとでアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の副指揮者、38年正指揮者、そして45年メンゲルベルクの後を継ぎ第3代常任指揮者となる。その間ヨーロッパ各地に客演し、国際的に知られるようになった。54年フィラデルフィア管弦楽団を指揮してアメリカにもデビュー、56~58年ロサンゼルスフィルの指揮者を兼任。ドイツ音楽レパートリーとし、中庸で端正な表現のなかに現代的な感覚を注ぎ込み、親しみやすい芸風を築いた。アムステルダムに没。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベイヌムの関連キーワードオランダ語オランダ商館オランダ通詞オランダ屋敷イギリスオランダ戦争オランダ海芋オランダ坂オランダ渡りダッチオランダ下り

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone