コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベイヌム

百科事典マイペディアの解説

ベイヌム

オランダの指揮者。オランダ南東部のアルンヘムに生まれ,アムステルダム音楽院に学ぶ。1920年ピアノ奏者としてデビュー後オランダ各地の合唱団や管弦楽団で指揮者を務め,1931年モントゥーの推薦でアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の副指揮者となる。1945年メンゲルベルクの後任として同楽団の首席指揮者となり,生涯そのポストにあった。1949年―1952年ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者,1956年―1958年ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督を兼任。リハーサル中に心臓発作で倒れ,57歳で急逝。J.S.バッハ,ヘンデルから同時代作品まで広いレパートリーをもち,中でもブルックナーに定評があった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベイヌム
べいぬむ
Eduard van Beinum
(1901―1959)

オランダの指揮者。生地アルンヘムの管弦楽団のビオラ奏者から指揮に転じ、1926年ハールレム交響楽団指揮者、31年メンゲルベルクのもとでアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の副指揮者、38年正指揮者、そして45年メンゲルベルクの後を継ぎ第3代常任指揮者となる。その間ヨーロッパ各地に客演し、国際的に知られるようになった。54年フィラデルフィア管弦楽団を指揮してアメリカにもデビュー、56~58年ロサンゼルス・フィルの指揮者を兼任。ドイツ音楽をレパートリーとし、中庸で端正な表現のなかに現代的な感覚を注ぎ込み、親しみやすい芸風を築いた。アムステルダムに没。[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベイヌムの関連キーワードアムステルダム・ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団9月3日ベイニム

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android