コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベイリオル Balliol, John de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベイリオル
Balliol, John de

[生]1250
[没]1314. ノルマンディー
スコットランド王 (在位 1292~96) 。ダラムのバーナード城主ジョン・ド・ベイリオルの末子。アレクサンダー3世 (在位 1249~86) の死後スコットランド王位についたノルウェーのマーガレット王女の急死後,王位請求者 13人の一人となり,スコットランド支配をねらうイングランド王エドワード1世の支持により即位。エドワード1世のガスコーニュ遠征に対する軍事援助要請を機に生じたスコットランドの反イングランド運動の先頭に立ったが敗れ,王国をエドワードに譲った。スコットランドではただちにこれに対し,W.ウォーラス,次いでロバート・ブルース (のちのロバート1世ブルース ) の指導する反乱が生じて独立を守ったが,ベイリオルは 1299年までロンドン塔に幽閉され,釈放後はノルマンディーに亡命,同地で没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベイリオルの関連キーワードヒュー・クリストファー ロンゲ・ヒギンズヒュー・ジョン・フォースター ケアンズロバート・ラナルフ マレットウィリアム テンプルエドワード ケアードジョセフ ラズアレクサンダーブラッドリーブラムバーグウォーレストインビーグリーンウォレスカーマシラー在位ヒル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android