クリフォード(男家)(読み)クリフォード[だんけ](英語表記)Clifford, Barons of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリフォード(男家)
クリフォード[だんけ]
Clifford, Barons of

イギリスの貴族の家柄。13世紀の国王と諸侯の争いで台頭し,クリフォード男爵位を受けた。中世には代々北方守備に任じ,スコットランドとの戦いに従事。5代ロバート(1273~1314)はエドワード2世の臣下としてロバート1世ブルースと戦い,1314年6月のバノックバーンの戦いで戦死。9代ロージャー(1333~89)は百年戦争中にアイルランドやフランスで転戦したのち,カーライル城長官。10代トマス(1419頃没)も同じくカーライル城長官としてリチャード2世に仕え,1388年宮廷を追われてドイツで戦死。12代トマス(1414~55)は 1435年からスコットランド軍と戦ったのち,1452年と 1454年援軍としてカレー防衛のため渡仏。最後はランカスター派の一員としてヨーク派と戦って戦死。その子の 13代ジョン(1435?~61)もランカスター派で,1458年父の仇を討つため挙兵してロンドンに進撃し,一時ヨーク派と妥協したのち,1460年ウェークフィールドの戦いでランカスター軍の将としてヨーク派を撃破,ヨーク公の子ラトランド伯を斬首したが,翌 1461年敗死した。その子の 14代ヘンリー(1455?~1523)は,領地がヨーク朝に没収されたため牧童として育ち,ヘンリー7世時代に称号を回復。ヘンリー8世のもとでスコットランド軍と戦い,1513年のフロッドンの戦いにも従軍。その子の 15代ヘンリー(1493~1542)は,1525年初代カンバーランド伯に叙せられ,以後 5代にわたって同伯爵位を継いだ(→カンバーランド〈伯・公家〉)。17世紀後半にいたり,トマス・クリフォードがあらためてクリフォード男爵家を興し,のち爵位はボイル家,カベンディッシュ家に伝えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android