コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレメンス Clemens, Flavius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレメンス
Clemens, Flavius

[生]?
[没]96
古代ローマの政治家。ウェスパシアヌス帝の血縁。妻はドミチアヌス帝の姪。 95年執政官 (コンスル ) 。ドミチアヌスによって妻とともに無神論のゆえに処刑された。ユダヤ教またはキリスト教を信じていたためといわれるが,実際はその財産がねらわれたらしい。

クレメンス

トウェーン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クレメンス(Clemens)

ローマ教皇17人の名。
(5世)[1264~1314]在位1305~1314。フランス王フィリップ4世に屈服し、教皇庁をアビニョンに移した。アビニョン捕囚の最初の教皇。
(7世)[1478~1534]在位1523~1534。メディチ家の出身。神聖ローマ皇帝カール5世に対抗し、ローマを奪われたが、のち和解。イギリス王ヘンリー8世の離婚に反対し、イギリス教会のローマからの分離を招いた。イタリア‐ルネサンス運動を保護、文芸を奨励した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

クレメンス【Clemens】

(五世)(1264~1314) ローマ教皇(在位1305~1314)。フィリップ四世に依存し、教皇庁をアビニョンに移転、アビニョン捕囚の始まりとなる。
(七世)(1478~1534) ローマ教皇(在位1523~1534)。離婚問題でイギリス王ヘンリー八世と対立、イギリス国教会の分離を招くなど教皇の威信を失墜させ、宗教改革の誘因をつくる。
150頃~215頃) アレクサンドリアの教父。広いギリシャ的教養を生かし、知識人に向けキリスト教を弁論した。ロゴス-キリストを教育者に見たて、キリスト教の教えを真のグノーシスと主張した。著「ギリシャ人への勧告」「教育者」など。
30頃~101頃) ローマ司教。ペテロとパウロがローマで殉教したことや一世紀末のキリスト教会の状況を伝える「クレメンス第一の手紙」を残す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

クレメンスの関連キーワードフランクフルト歌劇場管弦楽団アルフォンソ2世[エステ家]アウグストゥスブルク宮殿クレメンス[ローマの]ニコラウス[アミアン]アウグストゥスブルク城サンパトリツィオの井戸アレクサンドリア教校アレクサンドリア学派ルチェラーイ家の庭園ヨハネス[22世]ウルバヌス[2世]フランソア[1世]子供の不思議な角笛フィリップ[4世]ブリュエンニオス瀕死のガラテア人クイリナーレ宮殿エジプト人福音書フィレンツオーラ

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クレメンスの関連情報