コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレメンス クレメンスClemens, Flavius

4件 の用語解説(クレメンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレメンス
クレメンス
Clemens, Flavius

[生]?
[没]96
古代ローマの政治家。ウェスパシアヌス帝の血縁。妻はドミチアヌス帝の姪。 95年執政官 (コンスル ) 。ドミチアヌスによって妻とともに無神論のゆえに処刑された。ユダヤ教またはキリスト教を信じていたためといわれるが,実際はその財産がねらわれたらしい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クレメンス
クレメンス

トウェーン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クレメンス(Clemens)

ローマ教皇17人の名。
(5世)[1264~1314]在位1305~1314。フランス王フィリップ4世に屈服し、教皇庁をアビニョンに移した。アビニョン捕囚の最初の教皇。
(7世)[1478~1534]在位1523~1534。メディチ家の出身。神聖ローマ皇帝カール5世に対抗し、ローマを奪われたが、のち和解。イギリスヘンリー8世の離婚に反対し、イギリス教会のローマからの分離を招いた。イタリアルネサンス運動を保護、文芸を奨励した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

クレメンス【Clemens】

(五世)(1264~1314) ローマ教皇(在位1305~1314)。フィリップ四世に依存し、教皇庁をアビニョンに移転、アビニョン捕囚の始まりとなる。
(七世)(1478~1534) ローマ教皇(在位1523~1534)。離婚問題でイギリス王ヘンリー八世と対立、イギリス国教会の分離を招くなど教皇の威信を失墜させ、宗教改革の誘因をつくる。
150頃~215頃) アレクサンドリアの教父。広いギリシャ的教養を生かし、知識人に向けキリスト教を弁論した。ロゴス-キリストを教育者に見たて、キリスト教の教えを真のグノーシスと主張した。著「ギリシャ人への勧告」「教育者」など。
30頃~101頃) ローマ司教。ペテロとパウロがローマで殉教したことや一世紀末のキリスト教会の状況を伝える「クレメンス第一の手紙」を残す。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クレメンスの関連情報