鹿野苑(読み)ろくやおん

世界大百科事典 第2版の解説

ろくやおん【鹿野苑】

古代インド,カーシー国にあった園林で,釈迦が悟りをひらいた後,初めて説法(初転法輪)を行った場所。サンスクリットのムリガダーバMṛgadāva(パーリ語でミガダーヤMigadāya)の漢訳。現在のサールナート(〈鹿の王〉の意)にあたる。経典によればこの初転法輪の地は自然に恵まれ,古くから神仙の住む所とされていたという。地名の由来については,当地の王がこの森で狩りをし,一度捕らえた鹿をあわれんで放したという故事が伝えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろくやおん【鹿野苑】

インド北部、バラナシ郊外のサールナートの地。釈迦が悟りを開いてのち、初めて説法した所。鹿苑。鹿しかの苑その。鹿の園生そのう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿野苑
ろくやおん

インドの仏跡。詳しくは仙人住処(せんにんじゅうしょ)鹿野苑(サンスクリット語でリシパタナ・ムリガダーバ)といい、「宗教者の集まる鹿(しか)の放し飼いされている園林」という意である。現在はインドの聖地ベナレス(ワーラーナシ)の北東10キロメートルのサールナートにあたり、釈迦(しゃか)が悟りを開いてのち最初に説法した(初転法輪(しょてんぼうりん))場所として、仏教四大聖地の一つとして尊ばれている。ここから紀元前3世紀にアショカ王の建てた石柱が発見され、その柱頭の4頭のライオン像はインドの国章、台座の法輪は国旗として使われている。そのほか直径28メートルのダメーク塔(6世紀)やアショカ王によって建造されたダルマラージカ塔の遺跡があり、博物館には出土の遺品が陳列されて圧巻である。[森 章司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鹿野苑の言及

【サールナート】より

…北インドのワーラーナシーの北6kmにあり,釈迦が初めて説法した聖地として四大仏跡の一つに数えられている。漢訳仏典では鹿野苑(ろくやおん)。発掘の結果,アショーカ王(前3世紀中葉)の頃から12世紀までの遺址と多数の彫刻が出土し,ダルマラージカー塔と根本精舎を中心にグプタ時代に最も栄えたことが明らかになった。…

※「鹿野苑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿野苑の関連情報