コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニクダウミヒドラ Tubularia mesembryanthemum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニクダウミヒドラ
Tubularia mesembryanthemum

刺胞動物門ヒドロ虫綱アンソアテカータ目クダウミヒドラ科。高さ 3cmほどのヒドロ茎の先端にヒドロ花をつけ,ヒドロ根で海藻などに付着している。ヒドロ茎は多少屈曲し,上端で急に折れ曲がってヒドロ花に続く。ヒドロ花は比較的大きく,先端にある口を取り巻いて短い触手が約 10本,ヒドロ花下部に長い触手が 1列に約 20本並んでいる。生殖体は枝分かれした房状で,その房のそれぞれに数個の子嚢をつけ,長い触手環の内側に生じる。本州中部以南の内湾の浅所に普通に見られ,ヨーロッパ沿岸にも分布している。(→刺胞動物ヒドロ虫類無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベニクダウミヒドラ【Tubularia mesembryanthemum】

ヒドロ虫綱クダウミヒドラ科の腔腸動物。本州中部の内湾とヨーロッパ沿岸でアジモや海藻などの上にヒドロ根で付着する。不規則にはいまわるヒドロ根のところどころから,高さ3cmほどのヒドロ茎が立ち上がり,その先端にヒドロ花をつける。ヒドロ茎はだいだい色で,上方が急に折れ曲がっている。ヒドロ花は大きく,淡紅色で,中央の先端に開く口の周囲に約10本の短い糸状触手がとり巻き,またヒドロ花下部にも約20本の長い糸状触手が1環列に並んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android