コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニバナボロギク Crassocephalumcrepidioides S.Moore

2件 の用語解説(ベニバナボロギクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベニバナボロギク【Crassocephalumcrepidioides S.Moore】

アフリカ原産のキク科の一年草。茎は直立し,上部でよく分枝し,1mくらいに達する。葉は倒卵状長楕円形で,柄があって互生する。葉身は頭大羽状中裂または歯牙縁で,両面に毛を散生し,薄い。花期は8~10月。花は枝の先に総状につき,下垂して咲く頭花である。頭花はすべて両性の筒状花よりなる。総苞は筒状で長さ1cm,基部に線形の多数の苞がある。総苞片は1列,花後反り返る。花冠は上部が朱色,下部は白色。瘦果(そうか)は長さ2mmと小さいが,冠毛は長さ1cmを越え,白色で,多数あって目につく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベニバナボロギク
べにばなぼろぎく / 紅花襤褸菊
[学]Crassocephalum crepidioides (Benth.) S. Moore

キク科の一年草。茎は直立し、高さ1メートルに達する。葉は互生し、倒卵状長楕円(ちょうだえん)形、頭大羽状中裂または歯牙(しが)縁で、柄があって質は薄い。8~10月、枝先に総状花序をつくり、頭花を下向きに開く。総包は筒状で、総包片は1列。頭花は赤褐色の多数の管状花からなる。剛毛状の冠毛は多数あり、白色。アフリカ原産で、1920年代に東アジアに入り、日本へはおよそ20年後に渡来した。山地の伐採跡などに生え、若苗は食用とする。名の「ボロ」は冠毛を襤褸(ぼろ)に見立てたもの。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベニバナボロギクの関連キーワードカミツレセントポーリアアゲラタムインパチエンスガザニアディモルフォセカ雄宝香鬼田平子大薊モロコシ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベニバナボロギクの関連情報