コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襤褸 ボロ

デジタル大辞泉の解説

ぼろ【襤褸】

《擬態語「ぼろぼろ」から出た語》
使い古しの布。ぼろきれ。「襤褸で靴を磨く」
着古して破れた衣服。また、つぎだらけの衣服。「襤褸を着る」
隠していた都合の悪い点。また、失敗。「襤褸を隠す」
破れたり、こわれたりしているもの。また、役に立たなくなったもの。「襤褸くず」「襤褸家」

らん‐る【××褸】

破れた衣服。ぼろぼろの衣服。また、ぼろきれ。ぼろ。つづれ。「襤褸をまとう」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼろ【襤褸】

( 名 )
使い古して役に立たなくなった布。ぼろぎれ。 「くず屋に-を出す」
着古して破れた衣服。つぎはぎをしてむさくるしい衣服。 「 -をまとう」
つたない箇所。欠点。失敗。 「余りしゃべると-が出る」 「 -をかくす」
( 名 ・形動 )
古くなったり、壊れたりして役にたたない・こと(さま)。ぼろぼろ。 「 -の自転車」 「 -靴」

らんる【襤褸】

ぼろぼろの衣服。ぼろ。 「 -をまとう」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

襤褸の関連キーワードスクリューボール・コメディ市村 羽左衛門(15代目)昨日の花は今日の夢ベニバナボロギク吉村 公三郎三国連太郎大田 洋子菅野菜保之吉村公三郎加藤 道夫折口 信夫中村鴈治郎ちょびかわルンペン岡本 潤襤褸切れ原爆文学大田洋子折口信夫襤褸雑巾

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

襤褸の関連情報