コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襤褸 ボロ

デジタル大辞泉の解説

ぼろ【襤褸】

《擬態語「ぼろぼろ」から出た語》
使い古しの布。ぼろきれ。「襤褸で靴を磨く」
着古して破れた衣服。また、つぎだらけの衣服。「襤褸を着る」
隠していた都合の悪い点。また、失敗。「襤褸を隠す」
破れたり、こわれたりしているもの。また、役に立たなくなったもの。「襤褸くず」「襤褸家」

らん‐る【××褸】

破れた衣服。ぼろぼろの衣服。また、ぼろきれ。ぼろ。つづれ。「襤褸をまとう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼろ【襤褸】

( 名 )
使い古して役に立たなくなった布。ぼろぎれ。 「くず屋に-を出す」
着古して破れた衣服。つぎはぎをしてむさくるしい衣服。 「 -をまとう」
つたない箇所。欠点。失敗。 「余りしゃべると-が出る」 「 -をかくす」
( 名 ・形動 )
古くなったり、壊れたりして役にたたない・こと(さま)。ぼろぼろ。 「 -の自転車」 「 -靴」

らんる【襤褸】

ぼろぼろの衣服。ぼろ。 「 -をまとう」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

襤褸の関連キーワードスクリューボール・コメディ市村 羽左衛門(15代目)昨日の花は今日の夢ベニバナボロギク吉村 公三郎大田 洋子菅野菜保之中村鴈治郎三国連太郎折口 信夫ちょびかわ吉村公三郎加藤 道夫高橋昌也ルンペン大田洋子原爆文学襤褸雑巾折口信夫襤褸切れ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android