襤褸(読み)ボロ

  • ×襤×褸
  • ぼろ・ける
  • らんる
  • 襤=褸

デジタル大辞泉の解説

擬態語ぼろぼろ」から出た語》
使い古しの布。ぼろきれ。「襤褸で靴を磨く」
着古して破れた衣服。また、つぎだらけの衣服。「襤褸を着る」
隠していた都合の悪い点。また、失敗。「襤褸を隠す」
破れたり、こわれたりしているもの。また、役に立たなくなったもの。「襤褸くず」「襤褸家」
破れた衣服ぼろぼろの衣服。また、ぼろきれ。ぼろ。つづれ。「襤褸をまとう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

使い古して役に立たなくなった布。ぼろぎれ。 くず屋に-を出す
着古して破れた衣服。つぎはぎをしてむさくるしい衣服。 -をまとう
つたない箇所。欠点。失敗。 余りしゃべると-が出る -をかくす
名 ・形動
古くなったり、壊れたりして役にたたない・こと(さま)。ぼろぼろ。 -の自転車 -靴
ぼろぼろの衣服。ぼろ。 -をまとう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 着古して破れている衣服。ぼろぎもの。
※雑俳・口よせ草(1736)「うりてさへ時宜するぼろを買て行」
② 使い古して役だたない布。つづれ。ぼろきれ。
※万国新話(1868)〈柳河春三編〉一「布屑(ボロ)などを以て大なる人形を造り」
③ 破れているもの。こわれているもの。また、役に立たないもの。他の名詞の上に付けても用いる。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉三三「寝衣の単物にぼろ袷(あはせ)を重ね」
④ 糞。特に、馬糞。
※金貨(1909)〈森鴎外〉「馬の糞(ボロ)を捨てる箱があったので」
⑤ 隠されている欠点。また、失敗。破綻。→ぼろが出るぼろを出す
[補注]物が破れているさまを表わす擬態語「ぼろぼろ」から出た語。
〘自カ下一〙
① 衣服や布などが使い古されてぼろになる。
※小鳥の巣(1910)〈鈴木三重吉〉下「ぼろけた着物に赤い細帯一つを巻いて」
② 知覚がにぶくなる。おいぼれる。〔和英語林集成(初版)(1867)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

襤褸の関連情報