襤褸(読み)ボロ

デジタル大辞泉の解説

ぼろ【襤褸】

擬態語ぼろぼろ」から出た語》
使い古しの布。ぼろきれ。「襤褸で靴を磨く」
着古して破れた衣服。また、つぎだらけの衣服。「襤褸を着る」
隠していた都合の悪い点。また、失敗。「襤褸を隠す」
破れたり、こわれたりしているもの。また、役に立たなくなったもの。「襤褸くず」「襤褸家」

らん‐る【××褸】

破れた衣服。ぼろぼろの衣服。また、ぼろきれ。ぼろ。つづれ。「襤褸をまとう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼろ【襤褸】

( 名 )
使い古して役に立たなくなった布。ぼろぎれ。 「くず屋に-を出す」
着古して破れた衣服。つぎはぎをしてむさくるしい衣服。 「 -をまとう」
つたない箇所。欠点。失敗。 「余りしゃべると-が出る」 「 -をかくす」
( 名 ・形動 )
古くなったり、壊れたりして役にたたない・こと(さま)。ぼろぼろ。 「 -の自転車」 「 -靴」

らんる【襤褸】

ぼろぼろの衣服。ぼろ。 「 -をまとう」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼろ【襤褸】

〘名〙
① 着古して破れている衣服。ぼろぎもの。
雑俳・口よせ草(1736)「うりてさへ時宜するぼろを買て行」
② 使い古して役だたない布。つづれ。ぼろきれ。
※万国新話(1868)〈柳河春三編〉一「布屑(ボロ)などを以て大なる人形を造り」
③ 破れているもの。こわれているもの。また、役に立たないもの。他の名詞の上に付けても用いる。
真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉三三「寝衣単物にぼろ袷(あはせ)を重ね」
④ 糞。特に、馬糞
金貨(1909)〈森鴎外〉「馬の糞(ボロ)を捨てる箱があったので」
⑤ 隠されている欠点。また、失敗。破綻。→ぼろが出るぼろを出す
[補注]物が破れているさまを表わす擬態語「ぼろぼろ」から出た語。

ぼろ・ける【襤褸】

〘自カ下一〙
① 衣服や布などが使い古されてぼろになる。
※小鳥の巣(1910)〈鈴木三重吉〉下「ぼろけた着物に赤い細帯一つを巻いて」
② 知覚がにぶくなる。おいぼれる。〔和英語林集成(初版)(1867)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android