コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネシアン

百科事典マイペディアの解説

ベネシアン

経(たて)を緯(よこ)糸の2倍くらい密に織った綾織物。光沢があり外観は繻子(しゅす)に似るが,厚手で堅牢(けんろう)。毛織物梳毛(そもう)糸を用い,背広,ズボン,婦人服などにし,綿織物は下着,裏地などにする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のベネシアンの言及

【ドスキン】より

…5枚あるいは8枚の経繻子(たてしゆす)組織に製織後縮絨(しゆくじゆう)した,やや厚地で深みの光沢のあるコート,制服地であるが,現在では細番手のメリノ羊毛梳毛糸(そもうし)による繻子組織の織物で,おもに黒無地の礼服地,学生服その他の制服地として多く用いられている。また同じ礼服のベネシアンvenetianやバラシアbaratheaも組織上はドスキンと同類に属するものである。【山崎 宗城】。…

※「ベネシアン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベネシアンの関連キーワードドスキン梳毛織物