コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネディクツス3世 ベネディクツスさんせいBenedictus III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネディクツス3世
ベネディクツスさんせい
Benedictus III

[生]?. ローマ
[没]858.4.17. ローマ
ローマ出身の第104代教皇在位 855~858)。教皇レオ4世(在位 847~855)の後継として 855年7月に選出された。しかし,フランク帝国(→神聖ローマ帝国フランク王国)の皇帝ルイ2世(在位 850~875)はただちにはこれを承認せず,アナスタシウス対立教皇として擁立した。一時は投獄されたが,皇帝の主張は撤回され,のちに正式に教皇として登位した。フランク帝国の苦難の根源は司教らの無為であると叱責し,ローマ教皇の権威はコンスタンチノープル総大主教よりも上であると主張した。また,846年にサラセン人(→サラセン)に破壊されたローマの教会を修復した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android