コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネルクス経済同盟 ベネルクスけいざいどうめい

百科事典マイペディアの解説

ベネルクス経済同盟【ベネルクスけいざいどうめい】

1948年ベネルクス3国間で関税同盟として発足。対外共通関税を設定,3国間の関税を撤廃して経済的統一体の実現をめざした。1960年現在の組織に発展,資本・労働力の自由化を実現した。
→関連項目ルクセンブルク(国)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のベネルクス経済同盟の言及

【関税同盟】より

…1952年には,フランス,西ドイツ,イタリア,オランダ,ベルギー,ルクセンブルクの6ヵ国によって,ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体(ECSC)が設立され,58年までにはECSC内の鉄鋼関税は撤廃され対外関税の調整も完了する。それよりも以前の1948年に,オランダ,ベルギー,ルクセンブルクの3国によって結成された〈ベネルクス関税同盟〉は,58年には〈ベネルクス経済同盟〉に発展していった。ヨーロッパ経済共同体(EEC)は,これらをさらに拡大したものである。…

※「ベネルクス経済同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベネルクス経済同盟の関連キーワードヨーロッパ共同体

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android