コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベリア Veroia/Βέροια

デジタル大辞泉の解説

ベリア(Veroia/Βέροια)

ギリシャ北部、マケドニア地方の都市。古代名ベロイア。テッサロニキの西方約70キロメートル、ベルミオ山の麓に位置する。紀元前4世紀以降、古代マケドニア王国の重要な都市として発展。紀元1世紀に使徒パウロが伝道の途中で立ち寄ったことで知られる。14世紀にオスマン帝国に征服され、1912年よりギリシャ領。

ベロイア(Beroia/Βέροια)

ギリシャの都市ベリアの古代名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ベリアの関連キーワードウイリアム・V.S. タブマンチレントディアノ渓谷国立公園銀河皇帝 カイザーベリアルイベリア・コーカサス語族ノボシビルスク[諸島]A.E. ブルックスハマットティベリヤルリチョウチョウクラスノヤルスクシベリア横断鉄道パドゥーラ修道院イベロアメリカノボシビルスクタブマンバーグガリラヤ[湖]トレヴェリアンオクラドニコフアリアクモン川S.K. ドエ中央アジア神話

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android