コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベリリア磁器 ベリリアじきberyllia ceramics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベリリア磁器
ベリリアじき
beryllia ceramics

酸化ベリリウム BeO (融点 2570℃) 粉末を成形して,2000℃程度で焼結した磁器で,熱伝導率が大きくアルミニウムに匹敵する。熱膨張係数が小さいので,耐熱衝撃性は磁器中で最高である。電気絶縁性もきわめて良好で,電力用トランジスタの放熱板集積回路の基板,速度変調管管球や窓などに使われる。 2000℃付近まで使用できる絶縁管や蒸着用るつぼなどにも用いられる。ベリリア粉末は毒性を有するので取扱いに注意が必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベリリア磁器の関連キーワード酸化ベリリウム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android