コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タラウド諸島 タラウドショトウ

デジタル大辞泉の解説

タラウド‐しょとう〔‐シヨタウ〕【タラウド諸島】

Kepulauan Talaud》インドネシア北部の諸島。スラウェシ島ミンダナオ島の間に位置し、セレベス海と太平洋に挟まれる。主島カラケロン島をはじめ、サレバブ島、カブルアン島などの島々からなる。主な町はカラケロン島西岸のベオ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タラウド諸島
たらうどしょとう
Kepulauan Talaud

インドネシア、モルッカ諸島のハルマヘラ島とフィリピンのミンダナオ島の間に位置する諸島。主島のカラケロンKarakelong島をはじめサレバブ、カブルアン、ヌヌサなどの島々からなる。面積1300平方キロメートル。主産物にはコプラ、皮革、サゴヤシ、黒檀(こくたん)などがある。住民はスラウェシ島のミナハサ系の人々が大部分を占める。中心地はカラケロン島西岸のベオBeoである。1677年オランダ人が初めて来島した。カラケロン島以外は開発が遅れている。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タラウド諸島の関連キーワードモルッカ海

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android