タラウド諸島(読み)タラウドショトウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タラウド諸島
たらうどしょとう
Kepulauan Talaud

インドネシア、モルッカ諸島のハルマヘラ島とフィリピンのミンダナオ島の間に位置する諸島。主島のカラケロンKarakelong島をはじめサレバブ、カブルアン、ヌヌサなどの島々からなる。面積1300平方キロメートル。主産物にはコプラ、皮革、サゴヤシ、黒檀(こくたん)などがある。住民はスラウェシ島のミナハサ系の人々が大部分を占める。中心地はカラケロン島西岸のベオBeoである。1677年オランダ人が初めて来島した。カラケロン島以外は開発が遅れている。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android