コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルダンの戦 ベルダンのたたかい

百科事典マイペディアの解説

ベルダンの戦【ベルダンのたたかい】

第1次大戦半ば,1916年2〜12月に行われたベルダンVerdun(北東フランス)攻防戦。決戦をいどんだドイツ軍の猛攻に対し,ペタン指揮のフランス軍はこの地を死守。
→関連項目第1次世界大戦

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベルダンのたたかい【ベルダンの戦】

第1次世界大戦における最大の激戦の一つ。1916年にはベルダンVerdunは,ドイツ側に突き出たフランス軍の陣地帯内にあった。ドイツ軍は,ベルダン要塞を攻撃することによって,フランス軍を引きつけて,一大消耗戦を強要し,戦争3年目の16年にフランス国内に出てきた厭戦(えんせん)気運を拡大することをねらった。2月21日攻勢開始,寸土を争う大激戦となり,狭い地域の攻防戦なので損害は大きく,〈吸血ポンプ〉といわれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ベルダンの戦の関連キーワード第一次世界大戦史(年表)ファルケンハインジョッフル西部戦線マジノ線

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android