コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルニー ベルニーVerny, François Léone

3件 の用語解説(ベルニーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルニー
Verny, François Léone

[生]1837
[没]1908
フランスの海軍技師。慶応1 (1865) 年に幕府に雇用されて来日,横須賀造船所を建設し,1876年離日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ベルニー Verny, François Léonce

1837-1908 フランスの造船技術者。
1837年12月2日生まれ。幕府の招きで慶応元年(1865)横須賀製鉄所(のちの横須賀造船所,横須賀海軍工廠(こうしょう))建設のために来日。首長(所長)として建設,経営にあたる。明治2年横須賀観音崎に日本最初の洋式灯台を設置した。9年契約満了により帰国。1908年5月2日死去。70歳。エコール-ポリテクニク卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルニー
べるにー
Franois Lonce Verny
(1837―1908)

フランスの海軍技師。アルデシュのオブナに生まれる。パリの理工科大学校(エコール・ポリテクニク)卒業後、海軍造船学校を経て造船技師として海軍に入る。1864年中国へ赴任し開港場の寧波(ニンポー)で艦船建造に従事した。1865年(慶応1)に来日、徳川幕府の要請を受け、横須賀(よこすか)製鉄所(のち横須賀造船所、第二次世界大戦まで横須賀海軍工廠(こうしょう))の計画立案から実際の建設指導、さらに経営にも首長として携わった。この間、フランス本国からの技術者派遣を斡旋(あっせん)し日本人への技術伝習に尽力した。1875年(明治8)の解雇後、同所顧問を経て翌1876年帰国した。海軍を辞したあとはサンテティエンヌの鉱山経営に力を注いだ。[藤原恵洋・村松貞次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベルニーの関連キーワード光の科学史ウェルニー監獄法新聞小説マン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベルニーの関連情報