コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横須賀造船所 よこすかぞうせんじょ

2件 の用語解説(横須賀造船所の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

横須賀造船所【よこすかぞうせんじょ】

江戸幕府がフランス人技師ウェルニーを招いて1865年着工した横須賀製鉄所を,1868年明治政府が接収,1871年完成,改称した造船所。規模・技術とも当時最高の総合造船工場で,のち海軍の所管に入り艦艇を建造,横須賀海軍工廠(こうしょう)となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横須賀造船所
よこすかぞうせんじょ

横須賀海軍工廠(こうしょう)の前身。1865年(慶応1)フランスの援助のもとで、艦船修理と技術伝習のための横浜製鉄所を完成させた幕府は、同年8月に横須賀製鉄所の建設に着手、ベルニーFranois Lonce Verny(1837―1908)の指導で、埋立て、開削、工場建設、船渠(せんきょ)建設に努め、66年10月開業した。維新後は明治政府に接収され、神奈川県、大蔵省、民部省、工部省と幾たびか所管替えが行われたが、71年(明治4)4月には横須賀造船所と改称された。翌72年2月、兵部省における陸・海軍両省分割により海軍省の所管に移り、最初の軍工廠の誕生となった。ベルニー(創立以来1875年まで首長とよばれた)をはじめ、フランス人技術者の応援を受けて76年には最初の軍艦清輝(せいき)(897トン)が竣工(しゅんこう)、翌年には二等砲艦磐城(いわき)(木造汽帆船、656トン)が日本人の設計で竣工した。84年12月横須賀鎮守府の管下に置かれ、1903年(明治36)11月横須賀海軍工廠に改組された。[加藤幸三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

横須賀造船所の関連情報