ベルリン音楽堂(読み)ベルリンおんがくどう(英語表記)Philharmonie Berlin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルリン音楽堂
ベルリンおんがくどう
Philharmonie Berlin

ベルリンにあるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のためのコンサート・ホール。 1957年の設計競技で入賞した H.シャロウンの案に基づき 63年に完成。彼が初期に手がけたカッセルマンハイムの劇場案を発展させたものといわれる。内部は中央にアリーナ形式の舞台を配置し,ホール全体は非対称的な空間として形成されているが,これはオーケストラと聴衆の一体化を意図したためである。外観も曲面や曲線の多い不規則な形態をとっており,これらの構成は彼の「有機的機能主義」の考えに基づくものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android