コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベレス・デ・ゲバラ Luis Vélez de Guevara

世界大百科事典 第2版の解説

ベレス・デ・ゲバラ【Luis Vélez de Guevara】

1579‐1644
スペインの劇作家,小説家。オスーナ大学に学んだ後,セビリャの大司教に仕えたが,1600年大司教が死ぬと軍隊に入り,スペイン,アルジェ,イタリアの各地を転々とした。退役後はマドリードで文筆活動を行い,宮廷にも出入りした。生涯に400編(うち80編が現存)の戯曲を書き,そのジャンルは聖人伝,史劇,幕間狂言,聖餐神秘劇など多岐にわたっている。文体がローペ・デ・ベガのそれに酷似しており,彼との間に〈原作者〉の問題もおこるほどであったが,《ラベーラの山家娘》は,同じ題名のローペの作を凌ぐできと評された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ベレス・デ・ゲバラの関連キーワード安土桃山時代(年表)バルト語派スペイン音楽松平信康ユトレヒト同盟ガスヘルモントベレス・デ・ゲバラベンティボリオ溝口派一刀流

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android