ベータ

デジタル大辞泉 「ベータ」の意味・読み・例文・類語

ベータ(Β/β/beta)

〈Β・β〉ギリシャ文字の第2字。
〈β〉金属合金などでを示す記号の一。
〈β〉有機化合物炭素原子位置を示す記号の一。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「ベータ」の解説

ベータ

イタリアのランチアが1972年から1984年まで製造、販売していた乗用車。4ドアセダン、および2ドアクーペを中心とする。フィアット社傘下で最初に製造された自動車として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

DBM用語辞典 「ベータ」の解説

ベータ【beta】

テストサイトやテスト・バージョンのこと。ベータは、商品ウェブサイトの最終段階ではないが、充分公開できるものであったり、バグ・テストであったりする。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android