コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベートーベンの小径 ベートーベンのしょうけい

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベートーベンのしょうけい【ベートーベンの小径】

オーストリアの首都ウィーン北の郊外、ハイリゲンシュタット(Heiligenstadt)にある、小川沿いの緑の木立の中の小さな道。この小径の散歩の途中、ベートーベンは代表作の一つとなる「交響曲第6番田園」の曲想を得たといわれている。現在、ベートーベン記念館となっている、彼がハイリゲンシュタットで暮らした家(遺書の家)の近くにある。ベートーベンの胸像が建っている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android