コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベートーベンの小径 ベートーベンのしょうけい

1件 の用語解説(ベートーベンの小径の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベートーベンのしょうけい【ベートーベンの小径】

オーストリアの首都ウィーン北の郊外、ハイリゲンシュタット(Heiligenstadt)にある、小川沿いの緑の木立の中の小さな道。この小径の散歩の途中、ベートーベンは代表作の一つとなる「交響曲第6番田園」の曲想を得たといわれている。現在、ベートーベン記念館となっている、彼がハイリゲンシュタットで暮らした家(遺書の家)の近くにある。ベートーベンの胸像が建っている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone