コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベートーベンの小径 ベートーベンのしょうけい

1件 の用語解説(ベートーベンの小径の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベートーベンのしょうけい【ベートーベンの小径】

オーストリアの首都ウィーン北の郊外、ハイリゲンシュタット(Heiligenstadt)にある、小川沿いの緑の木立の中の小さな道。この小径の散歩の途中、ベートーベンは代表作の一つとなる「交響曲第6番田園」の曲想を得たといわれている。現在、ベートーベン記念館となっている、彼がハイリゲンシュタットで暮らした家(遺書の家)の近くにある。ベートーベンの胸像が建っている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベートーベンの小径の関連キーワード維納ウィーンの森カーレンベルクドナウタワーハイリゲンクロイツウィーン気質ウィーンの花の舞踏会ウィーンフィル舞踏会ウィーンマラソンレゾナンツェン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone