コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペピ1世 ペピいっせいPepi I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペピ1世
ペピいっせい
Pepi I

古代エジプト第6王朝 (前 2345頃~2181頃) 3代目の王。第6王朝最大の王。王朝設立者テティの息子。王権簒奪者との抗争で上エジプトの力をかり,即位後も上エジプトの影響力が強かった。ナイル第1急流の南,ヌビアの地奥深く侵攻し,上エジプトの封臣ウニの支援で北東国境のベドウィンの反乱に対処した。ソマリア沿岸地域との交流を深め,各地に石材の切出しを行なって神殿を建立,カイロ南西のサッカラにみずからのピラミッドを築いた。その記念物はエレファンティンからタニスまでエジプト全土に見出される。エジプト国立博物館所蔵のヒエラコンポリスで発見された王と息子の銅製立像は現存する最古の銅像。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ペピ1世の関連キーワードペピ2世ネフェルカレーピラミッド・テキストブバスティスエジプト史メンフィス青銅器

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android