米原(読み)まいはら

日本大百科全書(ニッポニカ)「米原」の解説

米原
まいはら

滋賀県東部、坂田郡にあった旧町名(米原町(ちょう))。現在は米原(まいばら)市の南部を占める地域。旧米原町は、1923年(大正12)入江(いりえ)村が町制施行し、同時に米原町に改称。1956年(昭和31)醒井(さめがい)、息郷(おきさと)の2村と合併。2005年(平成17)山東(さんとう)、伊吹(いぶき)の2町と合併して米原市(読み方は「まいはら」から一般的な「まいばら」に変更)となった。旧町域の東部は霊仙山(りょうぜんざん)などの山岳地であるが、西部は天野(あまの)川による沖積平野や干拓地(旧入江内湖)が広がる。古くから水陸交通の要地として知られた。朝妻筑摩(あさづまちくま)は古代の皇室の御厨(みくりや)でもあり、琵琶(びわ)湖水運の要港として古代、中世を通じて栄えたが、近世には近くの米原港に要港としての地位を譲った。番場、醒井は中山道(なかせんどう)、米原は北国(ほっこく)街道の宿駅であった。1889年(明治22)東海道本線(現JR)の前身湖東鉄道が通じて以来、鉄道の分岐点として重要視され、JR東海道本線(琵琶湖線)のほか、東海道・山陽新幹線、北陸本線が通じ、また近江鉄道(おうみてつどう)、北陸自動車道、国道8号、21号も通じる交通の要地。了徳(りょうとく)寺のオハツキイチョウは国の天然記念物、青岸寺(せいがんじ)庭園と醒井峡谷は国の名勝に指定されており、松尾寺九重塔、蓮華(れんげ)寺の過去帳や銅鐘など国指定重要文化財も多い。霊仙山や琵琶湖岸は琵琶湖国定公園域。

[高橋誠一]

『『米原町史』(1999・米原町)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「米原」の解説

米原
まいはら

滋賀県北東部,米原市南部の旧町域。琵琶湖岸の沖積地から霊仙山の北斜面にかけて広がる。 1923年町制。 1956年息郷村,醒井村と合体。 2005年山東町,伊吹町と合体して米原市となった。中心地区の米原は,慶長8 (1603) 年に港が開かれ,江戸時代は彦根三湊の一つとなり,1889年東海道鉄道,北陸鉄道両線の分岐点となって以後,国鉄関係施設が集まり,鉄道の町として発展。北陸,中部,近畿を結ぶ交通の要地にあたり,東海道新幹線,名神高速道路,北陸自動車道などが通じる。湖岸の朝妻筑摩は平安時代の琵琶湖水運の要津。湖岸の沖積地は入江干拓地で,おもに米作が行なわれる。醒井に養鱒場があり,付近の醒井峡谷,および市街地東部の青岸寺庭園はともに国の名勝。国の天然記念物である了徳寺のオハツキイチョウなど観光資源も多い。筑摩神社の鍋冠祭は奇祭で知られる。湖岸および南東部の霊仙山付近一帯は琵琶湖国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「米原」の解説

まいばら【米原】

滋賀県北東部にある市。琵琶湖東岸から伊吹山地に広がる。太平洋側と日本海側とを結ぶ鉄道・道路交通の要地。平成17年(2005)2月に山東町、伊吹町、米原まいはら町が合併して成立。同年10月に近江町を編入。人口4.0万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「米原」の解説

まいばら【米原】

滋賀県東部の地名。琵琶湖の東岸にある。江戸時代は北陸街道鳥居本長浜との間の宿駅で、長浜・松原とともに彦根三港として栄えた。東海道新幹線・東海道本線と北陸本線との分岐点。平成一七年(二〇〇五市制

よねはら【米原】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android