コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペリクルミラー へりくるみらあ,ぺりくるみらー

1件 の用語解説(ペリクルミラーの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

ペリクルミラー

英語の pellicle mirror 。訳すと薄膜鏡。半透明の鏡と思ってもらえればいい。レンズを通ってきた光の30~35%を反射してファインダーにまわし、残りの65~70%を透過させてフィルムに当てて露光する方式。撮影時にミラーアップさせる「クイックリターンミラー」方式と違い、固定式なため、シャッターを切る際でもファインダー画像の消失がない、シャッター音や振動がないのが構造上の特徴。とくにファインダーが暗転しないことが、フラッシュ光の当たり具合を視認したいフラッシュ撮影などで大きなメリットとされた。デメリットとしては、ファインダー像が暗い、フィルム面に届く光量も下がる、ファインダーからの逆入射光が撮影画像に弊害をもたらすなど。  実用化は、昭和40(1965)年発売のキヤノンペリックスが初めて。当時はアメリカの化学メーカーデュポン社の開発したマイラーフィルム(PET系)を元にハーフミラー加工を施した。その厚さはわずか0.02mmと言われている。翌年(1966)年のキヤノンペリックスQLをもって一度姿を消すが、平成元(1989)年のEOS RT、そして平成7(1995)年のEOS-1N RSでも再び採用された。ハードコーティングの施された極薄半透明のペリクルミラーを採用したEOS-1N RS は、秒10コマ、0.006秒でレリーズを完了するリアルタイム機能がセールスポイントだった。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

ペリクルミラーの関連キーワードアイフラングレイングリッシュ英文典ハーフミラーバックミラー和製英語seaterドスミックドパテイック

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone