ペルシアの市場にて(読み)ぺるしあのいちばにて(英語表記)In a Persian market

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの作曲家ケテルビーが1920年に作曲した管弦楽曲。ペルシア(イラン)の市場を通過するさまざまな架空の人々(ラクダに乗った隊商、乞食(こじき)たち、美しい姫君、奇術師、蛇使い、大守の行列など)のようすを描写した標題音楽で、親しみやすい旋律と気のきいた風物描写により、だれにでも楽しめる作品として人気が高い。オーボエとホルンを除き、かわりにサクソフォーンを加えた変則的な楽器編成が特徴で、途中男声合唱も加わる。この曲のほかにも、ケテルビーには東洋に取材した作品が少なくない。

[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android