ペンギン島(読み)ペンギントウ

デジタル大辞泉の解説

ペンギン‐とう〔‐タウ〕【ペンギン島】

Penguin Island》南極大陸の南極半島の北方、サウスシェトランド諸島の小島。キングジョージ島の南東岸に位置する。1820年に英国の南極探検隊によって発見。名称は多数のペンギンがいたことによる。火口湖やスコリア丘などの火山性の地形が見られる。ヒゲペンギン、アデリーペンギンオオフルマカモメ、ナンキョクアジサシの営巣地がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android