コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ページェット Paget, Sir James

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ページェット
Paget, Sir James

[生]1814.1.11. ヤーマス
[没]1899.12.30. ロンドン
イギリスの外科医,生理学者。 R.ウィルヒョーとともに「現代病理学の祖」と呼ばれる。 1834年,聖バーソロミュー病院で旋毛虫症の病原体トリキネラを発見。 47~52年王立外科医師会の解剖学,外科学教授。 58年ビクトリア女王の侍医。腫瘍の病理学と骨の病気の臨床について功績が多く,乳頭部癌や変形性骨炎がページェット病と呼ばれることもある。また,骨髄腫に対して四肢切断術の代りに患部だけを除去する手術法を提唱した最初の人である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ページェットの関連キーワード乳房外パジェット病乳房パジェット病カルシトニンパジェット病外陰痒症前癌状態皮膚癌

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android