コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旋毛虫症 せんもうちゅうしょうtrichinosis

翻訳|trichinosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旋毛虫症
せんもうちゅうしょう
trichinosis

寄生線虫類の一種である旋毛虫の寄生による病気で,豚肉の生食によって感染するといわれる。日本では 1974年以来,青森県,三重県などで集団発生している。被嚢幼虫が腸内でかえり,腸粘膜成虫となる。は約 3mm,雄は約 1.5mmで,雌は幼虫を産んでまもなく死ぬ。症状としては,吐き気,下痢程度であるが,幼虫が筋肉内に侵入すると高熱,筋肉痛,浮腫,呼吸困難などが現れるほか,発汗,うわごとなどの精神症状を起すこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

家庭医学館の解説

せんもうちゅうしょう【旋毛虫症 Trichinosis】

[どんな病気か]
 線虫症(せんちゅうしょう)の1つです。幼虫は、全身の骨格筋に侵入し寄生します。
 日本では、クマの肉を生食した猟師の人たちに、集団感染した例がほとんどです。
 欧米では、自家製ソーセージなど、熱処理不十分な豚肉を食べて感染する例が多くみられます。
[症状]
 最初は下痢(げり)、腹痛、発熱などですが、幼虫が横紋筋(おうもんきん)に入るようになると舌筋(ぜつきん)、咬筋(こうきん)、肋間筋(ろっかんきん)、腹筋(ふっきん)などの筋肉痛と眼瞼(がんけん)の浮腫(ふしゅ)(むくみ)がみられます。
 重症の場合には、呼吸困難や心不全(しんふぜん)などがおこります。
[検査と診断]
 初期には糞便(ふんべん)内から成虫や幼虫が検出されますが、その後は筋肉内の幼虫を見つけるのが診断の条件です。血液反応検査も診断に非常に役立ちます。
[治療]
 メベンダゾールかチアベンダゾールを、3~5日間内服します。これらの薬によって、虫体がこわれると、アレルギー症状をおこすことがありますから、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンが併用されます。
 生または加熱不十分な熊肉や豚肉を食べないことが予防法です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android