コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旋毛虫症 せんもうちゅうしょう trichinosis

翻訳|trichinosis

3件 の用語解説(旋毛虫症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旋毛虫症
せんもうちゅうしょう
trichinosis

寄生線虫類の一種である旋毛虫の寄生による病気で,豚肉の生食によって感染するといわれる。日本では 1974年以来,青森県,三重県などで集団発生している。被嚢幼虫が腸内でかえり,腸粘膜で成虫となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

旋毛虫症

 線形動物門双器綱ベンチュウ目センモウチュウ属の寄生虫Trichinella]が感染して起こす疾患.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

せんもうちゅうしょう【旋毛虫症 Trichinosis】

[どんな病気か]
 線虫症(せんちゅうしょう)の1つです。幼虫は、全身の骨格筋に侵入し寄生します。
 日本では、クマの肉を生食した猟師の人たちに、集団感染した例がほとんどです。
 欧米では、自家製ソーセージなど、熱処理不十分な豚肉を食べて感染する例が多くみられます。
[症状]
 最初は下痢(げり)、腹痛、発熱などですが、幼虫が横紋筋(おうもんきん)に入るようになると舌筋(ぜつきん)、咬筋(こうきん)、肋間筋(ろっかんきん)、腹筋(ふっきん)などの筋肉痛と眼瞼(がんけん)の浮腫(ふしゅ)(むくみ)がみられます。
 重症の場合には、呼吸困難心不全(しんふぜん)などがおこります。
[検査と診断]
 初期には糞便(ふんべん)内から成虫や幼虫が検出されますが、その後は筋肉内の幼虫を見つけるのが診断の条件です。血液反応検査も診断に非常に役立ちます。
[治療]
 メベンダゾールかチアベンダゾールを、3~5日間内服します。これらの薬によって、虫体がこわれると、アレルギー症状をおこすことがありますから、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンが併用されます。
 生または加熱不十分な熊肉や豚肉を食べないことが予防法です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

旋毛虫症の関連キーワード寄生虫病鞭虫材線虫腎虫松材線虫線虫松の材線虫毛様線虫せんちゅうパル毛様線虫症

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone