ペートルス・ヨセフス・ヒュベルタス カイペルス(英語表記)Petrus Josephus Hubertus Cuypers

20世紀西洋人名事典の解説

ペートルス・ヨセフス・ヒュベルタス カイペルス
Petrus Josephus Hubertus Cuypers


1827.5.16 - 1921.3.3
オランダの建築家。
ロールモンド生まれ。
アントワープアカデミーで学び、1850年故郷ロールモンド市の主任建築家となり、おもに教会の建築や美術工芸のデザインに携わり、また古建築の修復も手がける。その後’65年アムステルダムに移り、美術学校を開き、自らも教鞭をとった。’85年アムステルダム国立美術館、’89年には東京駅のモデルとして有名なアムステルダム中央駅をオランダ伝統の煉瓦づくりルネサンス様式で建築し、名声を得た。ほかの作品はゴシック様式による聖堂建築が多い。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android