コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイットビー Whitby

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイットビー
Whitby

イギリスイングランド北部,ノースヨークシャー県東部,スカーバラ地区の町。北海に面する港町で,ヨークの北東約 70kmにある。7世紀にはすでに修道院があり,9世紀と 10世紀にデーン人の侵入により荒廃したが,その後ニシン漁を中心とする漁港として発展,19世紀初期にはイングランド第7の港町であった。探検家ジェームズ・クックが居住し,航海に用いられた船はここで建造された。付近に天然ガスカリウム鉱床があり,開発されている。背後に景観に恵まれるノースヨーク高原を控え,観光業も盛ん。人口 1万3594(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホイットビーの関連キーワードベートソン(William Bateson)アウグスティヌス[カンタベリーの]ウィリアム ベートソンホイットビー宗教会議ウィットビー修道院イギリス史(年表)ウィルフリードケルト教会イギリス史オスウィデーンIMC

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android