コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホオズキチョウチン Laqueus rubellus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホオズキチョウチン
Laqueus rubellus

触手動物門腕足綱有関節目ラクエウス科。長 3cm。殻は卵形で,表面はなめらかで斑紋がない。殻色は赤色または淡紅色でやや黄色みを帯びる。水深 20~500mの海底にすみ,底引網で採集される。北海道から九州の沿岸に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホオズキチョウチンの関連キーワードホオズキガイ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android