ホオズキチョウチン(英語表記)Laqueus rubellus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホオズキチョウチン
Laqueus rubellus

触手動物門腕足綱有関節目ラクエウス科。長 3cm。殻は卵形で,表面はなめらかで斑紋がない。殻色は赤色または淡紅色でやや黄色みを帯びる。水深 20~500mの海底にすみ,底引網で採集される。北海道から九州の沿岸に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android