コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホオズキチョウチン Laqueus rubellus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホオズキチョウチン
Laqueus rubellus

触手動物門腕足綱有関節目ラクエウス科。長 3cm。殻は卵形で,表面はなめらかで斑紋がない。殻色は赤色または淡紅色でやや黄色みを帯びる。水深 20~500mの海底にすみ,底引網で採集される。北海道から九州の沿岸に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホオズキチョウチンの関連キーワードホオズキガイ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android