コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホシツリモ(星吊藻) ホシツリモNitellopsis

世界大百科事典 第2版の解説

ホシツリモ【ホシツリモ(星吊藻) Nitellopsis】

車軸藻植物の1属で,体はフラスコモ属に似るが,雌性生殖器官の小冠細胞が5個であることからシャジクモ亜科に所属する。雌雄異株であること,体の下方からでる仮根様の部分に星形の無性生殖器官をつくることで,他の属と区別される。和名は星状の無性生殖器官をもつことに由来する。日本ではホシツリモN.obtusa Grovesの1種が知られ,芦ノ湖,河口湖,野尻湖,印旛沼などに生育が知られる。藻体は直径1mm,高さ2m以上に及び,節間部の長さは20cm以上にもなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のホシツリモ(星吊藻)の言及

【淡水藻】より

…これとは逆に,海に多く生育する仲間は,紅藻類,褐藻類,ハプト藻類,渦鞭毛藻類などである。淡水藻は海産のものに比べて微細なものや小型のものが多く,もっとも大きい車軸藻のホシツリモでもせいぜい2m余である。ほかに大きいものとして,直径25cmくらいになる緑藻のマリモや長さ40~50cmになる紅藻のチスジノリなどがある。…

※「ホシツリモ(星吊藻)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android