コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホジャ家 ホジャけ

1件 の用語解説(ホジャ家の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホジャけ【ホジャ家】

17~18世紀を中心に,東トルキスタンカシュガルヤルカンド等の都市を本拠に活動した宗教的貴族の家系。カシュガル・ホジャ家とも呼ぶ。ブハラナクシュバンディー教団(ホジャ派)の一分派であるためこのように呼ばれる。17世紀以降,その宗教的権威のほかに,モグーリスターンハーン家の寄進を受けて経済的にも強大となり,以後19世紀に至るまで,ムスリムの反乱など東トルキスタンの政治的動向の決定に大きな影響力を持ち続けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホジャ家の関連キーワードウズベク族クシャン朝ジンナー中央アジアトルキスタン東パキスタン回疆コーカンドウイグル族佐口透

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone