コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホジャ家 ホジャけ

世界大百科事典 第2版の解説

ホジャけ【ホジャ家】

17~18世紀を中心に,東トルキスタンカシュガルヤルカンド等の都市を本拠に活動した宗教的貴族の家系。カシュガル・ホジャ家とも呼ぶ。ブハラのナクシュバンディー教団(ホジャ派)の一分派であるためこのように呼ばれる。17世紀以降,その宗教的権威のほかに,モグーリスターン・ハーン家の寄進を受けて経済的にも強大となり,以後19世紀に至るまで,ムスリムの反乱など東トルキスタンの政治的動向の決定に大きな影響力を持ち続けた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ホジャ家の関連キーワードヤークーブ・ベク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android