コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホジャ家 ホジャけ

1件 の用語解説(ホジャ家の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホジャけ【ホジャ家】

17~18世紀を中心に,東トルキスタンカシュガルヤルカンド等の都市を本拠に活動した宗教的貴族の家系。カシュガル・ホジャ家とも呼ぶ。ブハラナクシュバンディー教団(ホジャ派)の一分派であるためこのように呼ばれる。17世紀以降,その宗教的権威のほかに,モグーリスターンハーン家の寄進を受けて経済的にも強大となり,以後19世紀に至るまで,ムスリムの反乱など東トルキスタンの政治的動向の決定に大きな影響力を持ち続けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone