コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスファチジン酸 ホスファチジンさんphosphatidic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホスファチジン酸
ホスファチジンさん
phosphatidic acid

レシチン,ホスファチジルエタノールアミンなどのグリセロリン脂質の成分として動植物界に広く存在する。ほとんどα位にリン酸が結合している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のホスファチジン酸の言及

【リン脂質(燐脂質)】より

…グリセロリン脂質は,グリセロールの1,2位の水酸基に種々の脂肪酸のカルボキシル基がエステル結合をし,3位の水酸基にリン酸がエステル結合をしている。この最も簡単なリン脂質はホスファチジン酸phosphatidic acidと呼ばれ,生体中には少量しか含まれないが,生合成の中間体としては重要である。ふつうのグリセロリン脂質ではリン酸にさらに多種のアルコール(コリン,セリン,エタノールアミン,グリセロール,イノシトールなど)がエステル結合している。…

※「ホスファチジン酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホスファチジン酸の関連キーワードケファリンレシチン

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android