ホスホエノールピルビン酸(読み)ホスホエノールピルビンサン

化学辞典 第2版の解説

ホスホエノールピルビン酸
ホスホエノールピルビンサン
phosphoenolpyruvic acid

2-(phosphonooxy)-2-propenoic acid.C3H5O6P(168.04).エノール形ピルビン酸のリン酸エステル.ハカマカズラBauhinia variegataの花のや葉から離された.2-ホスホグリセリン酸からエノラーゼによる脱水反応で生成する.高エネルギーリン酸結合をもつ糖代謝の重要な中間体である.[CAS 138-08-9]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のホスホエノールピルビン酸の言及

【高エネルギー結合】より

…構造式中に~でその所在を示す場合がある。生体物質の中で重要なものにはATP(アデノシン三リン酸)のピロリン酸結合,アセチルリン酸のアシルリン酸結合,ホスホエノールピルビン酸のエノールリン酸結合,クレアチンリン酸のグアニジンリン酸結合などリン酸化合物が多く,これらの物質(または結合)を特に高エネルギーリン酸化合物(または結合)という。しかしそのほかにもアセチルCoAのチオエステル結合,S‐アデノシルメチオニンのメチルスルホニウム結合などの重要な例がある。…

※「ホスホエノールピルビン酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android