コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスホエノールピルビン酸 ホスホエノールピルビンサン

栄養・生化学辞典の解説

ホスホエノールピルビン酸

 C3H5O6P (mw168.04).

 解糖の経路の代謝中間体の一つ.高エネルギーリン酸化合物.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のホスホエノールピルビン酸の言及

【高エネルギー結合】より

…構造式中に~でその所在を示す場合がある。生体物質の中で重要なものにはATP(アデノシン三リン酸)のピロリン酸結合,アセチルリン酸のアシルリン酸結合,ホスホエノールピルビン酸のエノールリン酸結合,クレアチンリン酸のグアニジンリン酸結合などリン酸化合物が多く,これらの物質(または結合)を特に高エネルギーリン酸化合物(または結合)という。しかしそのほかにもアセチルCoAのチオエステル結合,S‐アデノシルメチオニンのメチルスルホニウム結合などの重要な例がある。…

※「ホスホエノールピルビン酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホスホエノールピルビン酸の関連キーワードホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼ光合成(こうごうせい)高エネルギー燐酸結合ハッチ‐スラック回路ピルビン酸代謝経路ピルビン酸キナーゼ高エネルギー化合物高エネルギー結合エノラーゼシキミ酸糖新生

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホスホエノールピルビン酸の関連情報